読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くくるの漫画ネタバレ情報ブログ

20代電子書籍好き女!くくるの漫画ネタバレ日記

さぁラブの時間です 9巻最終話 ネタバレ 瑞木一筋じゃないの?酒盛が選んだのは桃香という『弱い女性』?

さぁラブの時間です

f:id:kkskchang:20170501132151j:plain

作者:上杉可南子

9巻未完結

 

 

 

こんにちは!くくるです。

さぁラブな時間です 9巻を読みました。

 

 

8巻から読んでいると、

酒盛は桃香の事

どー思っているのだろう?

 

 

そんな疑問を持ちながら終わりましたが、

 

 

 

この9巻では、私の予想は的中し、

酒盛は桃香を選んでしまいます。

 

 

酒盛は…。

 

 

 

小夜子と結婚しても、
瑞木のことも気になって。。

 

 

 

恋愛には鈍感で、

フラフラしている所もありましたが、

ここでもフラフラしています(汗)

 

 

 

私的には瑞木と仲良くしてほしいのに、

 

 

『なんで桃香の所へ

いっちゃうの?』

 

 

と悲しくなってしまいました。

 

 

やっぱり男性は、

 

 

『強い女性』と『弱い女性』

 

 

だったら、
弱い女性を選で

しまうのでしょうか!?

 

 

強い女性とは、瑞木のことです。

 

 

弱い女性は、桃香のこと。

(私の解釈ですので、

気を悪くしたらすみません。)

 

 

 

この9巻でも、

瑞木は本当に心が強い女性として

描かれています。

 

 

『やっぱり君は面白い』

 

 

性格悪い?魚住にまで、
その強さを見せつける瑞木。

 

 

その反面、魚住に嫌われないよう、

性の奴隷のように言うままに

行動する水野。

 

 

今回の命令は、

 

『酒盛を寝取れ』

 

 

という指令です(笑)

 

 

 

とにかく、この9巻では、

そんな魚住の想う通りに事が進むのですが、

酷な状態になっても強い瑞木。

 

 

 

9巻の最終話では、

更に瑞木を追い込むメールが、

酒盛から届くことに…。

 

 

 

瑞木一筋じゃないの?酒盛が選んだのは桃香という『弱い女性』?

 

 

「あのね酒盛」

 

「わたし全部知っているの」

 

 

酒盛は桃香と身体の関係を持ってしまったことを
魚住から聞いていました。

 

 

そんな酷な状態であっても、
酒盛に会いに来た瑞木。

 

 

『完璧に終わった』

 

 

酒盛は瑞木に桃香のことを知られて、

もう終わりだと思っていました。

 

 

しかし…

 

 

「なんて顔をしているの?」

 

 

 

瑞木がそういうと、

酒盛に自分から優しくキスをします。

 

 

 

「あんたが好きなのは

水野さんじゃなくて

わたしでしょ」

 

 

穏やかな表情で微笑みながら、

酒盛にそう話します。

 

 

『オレはたぶん』

 

『瑞木のことを

死ぬまで好きなんだと思う』

 

 

そんな風にこの時は思っていました。

 

 

 

「許して…くれるのか?」

 

 

そんな、酒盛の質問に、

 

 

「しょうがないでしょ」

 

 

「わたしだって好きなんだから」

 

 

 

笑顔でそう答えて、去っていく瑞木の

姿をただ見つめていました。

 

 

 

『え…酒盛から?』

 

 

瑞木は自宅でパソコンに向かって仕事を

していました。

 

 

 

そこに、

酒盛から1通のメールが…。

 

 

『ごめん…。

やっぱり彼女と別れられない。』

 

 

予想もつかないメールの内容をみて、

瑞木は固まります。

 

 

 

『さぁラブの時間ですよ』9巻最終話は、

桃香を抱いてしまった酒盛。

 

 

 

その事実を知っても瑞木は、

酒盛と穏やかに会い、自分の今の

気持ちを伝えます。

 

 

 

会っている時は、

瑞木の事を死ぬまで好きとか思っていても、

それと矛盾するようなメールを送ってくる

酒盛。

 

 

恋愛の難しい所ですね。

 

 

この9巻の面白い所は、

恋愛の辛さから、弱さを見せる酒盛と、

魚住と上手くいかないという、同じ境遇にいる桃香。

 

 

2人が慰め合う姿も見どころかと感じます。

 

 

『慰め合っても喜びのない世界。』

 

 

逃げに走る酒盛

この後どーなるのかも、

楽しみです。

 

 

 

『さぁラブの時間ですよ』9巻は、
BookLive!で無料お試し読みができます。

 

 


良かったら読んでください。

 

 


BookLive!は登録無料で、
継続課金もありません。

 

 


BookLive!はコチラです。
『さぁラブの』で検索が必要です。