読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くくるの漫画ネタバレ情報ブログ

20代電子書籍好き女!くくるの漫画ネタバレ日記

テンペスト 漫画 ネタバレ まさか皇が姫を見捨てるとは思わなかった

テンペスト

f:id:kkskchang:20170509135928j:plain

作者:阿仁谷ユイジ

9巻未完結

 

 

 

こんにちは!くくるです。

『テンペスト』です。

 

 

この時代では、男性では女性の
子供は産めません。

 

 

 


姫は男だから皇との子供は産めません。

 

 

 


姫は泣きながらドレスを破ります。

 

 

 


学校に行かず部屋にいる姫のとこに
母さんとママが来ます。

 

 


どうして皆と違う体なのと姫は泣いています。

 

 


こんなんなら生まれてこなきゃよかったと言うと
母さんとママにこちょこちょされて
ついつい笑ってしまいます。

 

 


そして進級式が始まる前、皇は姫が来るのが遅いから
来ないと思いムスッとしています。

 

 

 

皇は帰ると言って走り出します。

 

 

 


ヒールが折れてその場にコケてしまい、全部
姫のせい、私を1人にしたから 姫のバカと
泣きます。

 

 

 


あんまりバカバカ言わないでよと
 そこに姫はたっています。

 

 

 


髪を短く切って男そのものです。

 

 

 


姫が来たことは嬉しいですが
何その髪型 変だと皇はポカポカ姫を叩きます。

 

 

 

 

こんな綺麗な皇の隣に並ぶんだから
それなりの格好じゃなきゃ結婚式にならないでしょと
言います。

 

 

 


ちょっと会わない間に
少し変わったねと姫は言われます。

 

 

 


こんなふうに変わっても皇は私を選んでくれると
聞くと、皇は迷いなくと言います。

 

 

 

 

じゃあ今から言う事よく聞いてと言い
私の身体では子供は産めないと皇に言います。

 

 

 


すると
私がお前のぶんまで産むわよと言います。

 

 

 

 

そうじゃなくて、私は男性なんだとついに
本当のことを話します。

 

 

 


皇はいやと言って姫の手をはらいのけます。

 

 

 


皇は走って逃げていきます。

 

 

 

 

姫は悲しくて笑いが出てきます。

 

 

 


行き場のない愛だけを残します。

 

 

 


何を恨めばいいかももうわかりません。

 

 

 

 

テンペストはコミなびで
無料お試し読みが出来ます。

 

 

 

良かったら読んでください。

 

 

コミなびはコチラです。
『テンペスト』で検索してください。